カニにも、実はいろいろな種類があるのです。 カニの王様と呼ばれるタラバガニ、カニの女王といわれることもあるズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)、カニミソがおいしいことで有名な毛ガニの他にも、色んなカニがいるのです。 それぞれのカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)の特徴を知ることで、より好みに応じて美味しいカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)が食べられるかもしれません。 カニ(高級品のイメージがありますが、最近はネット通販などで比較的お手頃価格で買えることもあります)の種類としては、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ以外に、上海ガニ、ワタリガニ(とても美味だということで知られていますね)、花咲ガニ(ハナサキガニとも表記されるヤドカリの仲間です)、アブラガニなどがあります。 上海ガニはチュウゴクモクズガニと言った別名の通り、主に中国で獲れるカニです。 ワタリガニには、イシガニやガザミという別名もありますが、イシガニとガザミは同じワタリガニ(ガザミという別名もあります。体が大きく、とげがあるのが特徴です)科ではあるものの、別のカニになります。 比較的安く売られているのに、ズワイガニ(近縁種として、オオズワイガニ、ベニズワイガニがあります)に並ぶほど美味しいのが魅力です。 花咲ガニは、昆布が主食ですから、コンブガ二と呼ばれることもあるトゲトゲの甲羅(脱皮直後は柔らかいので、外敵に食べられやすくなってしまいます)が特色のカニで、幻のカニともいわれていますね。 アブラガニ(タラバガニの近縁種で、タラバガニだと偽装されて販売されたこともあるようです)は以前、悪質な業者がタラバガニと偽って販売していたことが問題になったくらい外見がタラバガニに似ているカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)です。 タラバガニと比較すると、やっぱり味は敵いありませんが、安価であることもあり、あえてアブラガニ(タラバガニの近縁種で、タラバガニだと偽装されて販売されたこともあるようです)をセレクトして買う人もいますー